Posted by at

2015年02月21日

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

icon06icon06icon06ムーミンおかえりぃぃぃぃぃicon06icon06icon06

私の世代だと「楽しいムーミン一家」高山ムーミン、子安スナフキン、佐久間ミイ)がデフォルトなのですが、
見事そのキャストのまま公開ということでicon102めっっっちゃくちゃ楽しみにしておりましたicon102
※子安スナフキンが初恋の相手です。

しかも制作は日本ではなく地元フィンランド。
icon12全編手書きによるアニメーションicon12
そんなの観に行かない理由がないやん…

ちょうど同時期に特設店がおかれているということで、六本木ヒルズへ。
icon12六ヒルで映画とか…もうセレブの象徴icon12
とおのぼりさん満開で行ってまいりました。

このゆるさ…たまらん…
この丸さ…たまらん…
この色彩感覚…たまらん…

アニメは問答無用で日本製が一番だと思っておりますが、
この味はやっぱりヨーロッパじゃないと出せないだろうなぁ…

んでもってゆる~い作風にかくれた深イイ内容がさすがでした。
「豊かさ」とは?「身の丈にあった生活」とは?「しあわせの尺度」とは?
身震いするようなリアルさでしたよ。

-----

余談
フィンランドに嫁に行った友人が、
帰国のたびに「サルミアッキ」というクッソまずいお菓子を買ってきて(※誰も頼んでない)
無理やり食わされる、というのが私たちの間で恒例の流れになっていたのを思い出しました。
Mちゃん元気にしてるかなぁface02

-----

[タイトル]

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

[作品解説・紹介]

フィンランド人作家のトーベ・ヤンソンによって生み出され、世界中で人気を博す「ムーミン」。
同作の母国で製作された初めての劇場版長編アニメ。
バカンスで地中海の町へとやってきたムーミン一家に訪れる初めての危機が描かれる。
全編手書きによるアニメーションは、色味や音楽など、原作の雰囲気を尊重して製作されている。

Movie Walkerより)

[監督]

グザビエ・ピカルド 、 ハンナ・ヘミラ

[出演]

ムーミン高山みなみ
ムーミンパパ大塚明夫
ムーミンママ谷育子
フローレンかないみか
スナフキン子安武人
ミイ佐久間レイ
ミムラ小林優子
ピンプル木村カエラ

[公式サイト]

http://moomins-movie.com/

[おすすめ度]

★★★★★

[印象に残ったシーン]

・「そんな恰好だめだよ何も着てないみたい」
・ムーミンとフローレンのラブラブっぷりに赤面ですよ。ムーミン…あんた男だね…
・クラークがさまぁ~ず大竹まんますぎてワロタ…どっちが先だよ…





ただいまムーミンが六ヒルをジャック中~
飲食店ではたくさんのコラボメニューが提供されており、
メイキング展、グッズコーナーもつくられてましたicon102
ほくほくです…またいきたい…

  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 20:00Comments(0)映画