Posted by at

2014年04月25日

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

蘭姉ちゃんがシリーズ重ねるごとに確実に強くなってるんですけどいつかサイヤ人にでもなるんじゃ…

とアルカイックスマイルになりましたが、
いや~さすがに面白かったicon06
王道の、安定の仕上がりでしたface02

テレビのコナンには縁遠くなってしまいましたが、
映画は欠かさないようにしているので行けてよかった~

さすが国民的アニメ、コナン。
封切り初日だったこともあり、老若男女いろんな層のお客さんでほぼ満席状態icon10でしたicon67
今作では服部は出番ないのね…face07とがっかりした点もあったものの、

ミッション・インポッシブルを観ているかのような躍動感icon77
こんな小学生いていいわけがないwwwっつー迫力icon77

堪能させて頂きましたっface02

映画コナンは毎年4月頃公開されるので、
icon102私への誕生日プレゼントicon102と勝手に解釈して堪能しておりますよイエーicon100
来春も楽しみicon01

[タイトル]

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)

[作品解説・紹介]

青山剛昌の大人気コミックを原作に、少年探偵・江戸川コナンの活躍を描いた劇場版アニメシリーズ第18作目。
高さ635mの高層タワーの展望台で起きたありえない距離からの狙撃事件の謎にコナンが挑む。
女子高生探偵の世良真純、驚異的な推理力の持ち主の大学院生・沖矢昴といった人気キャラクターたちが劇場版に初登場する。

Movie Walkerより)

[監督]

静野孔文

[出演]

江戸川コナン 高山みなみ
毛利蘭 山崎和佳奈
毛利小五郎 小山力也

[公式サイト]

http://www.conan-movie.jp/index.html

[おすすめ度]

★★★★☆

[印象に残ったシーン]

・序盤、スケボーでの滑走シーンicon16 爽快感抜群でしたが、なんつー迷惑行為www
・声優陣をみて「これ…もう完全にらんま1/2やろ…同じサンデーやし…」と萌えた方、私と友達になってください。
・今更ですが、毛利のおっちゃんはやっぱ神谷さんがいいよう…(いまだ慣れず)

  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 11:30Comments(0)映画

2014年04月24日

アクト・オブ・キリング

今まのあたりにしているのは劇中劇なのか、ドキュメンタリーなのかicon66



終始錯乱しながら観ておりました。



icon88 これ、心も体も元気な時に観る事をおすすめします icon88
鑑賞後、かなり落ちますんで…face07

映画評論家 町山智浩さん がアツく語られていて興味を持った作品。
前売りを買い、ハードルをかなり上げた状態icon14icon14icon14で観てきたのですが、

正直「観てよかったicon12」とは思いませんでした。重すぎて。

しかしながら 「観なければならない作品だ」 と感じました。

世界的にあまり知られていない、闇に葬られたジェノサイド。
そのジェノサイダー達が今でも英雄視されていること。
その英雄たちの心の闇…

戦後の日本でぬくぬくと生まれ育った私には理解できない世界観ですが、
現実なんだよなぁ…と。
コメディタッチも織り交ぜられていましたが、
直視できない所もたくさんありました。
いくら作り物といえど無理だった…。

icon95 とんでもない問題作 icon95 であることは間違いないので、
アレコレ安否が気遣われます。
この作品を世に出してくださった関係者各位の肝っ玉に拍手icon10
素晴らしくおそろしい問題提起をありがとうございます。

こんな映画も、あっていいと思います。
ミニシアター系万歳っicon102

福岡ではKBCシネマでのみ上映です。

[タイトル]

アクト・オブ・キリング

[作品解説・紹介]

1960年代にインドネシアで行われた大量虐殺の加害者たちにその再現をさせながら、彼らの心中や殺人の実態に迫るドキュメンタリー。
製作総指揮に「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」のエロール・モリス、「フィツカラルド」のヴェルナー・ヘルツォークが名を連ね、山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞、全米批評家協会賞最優秀ドキュメンタリー賞など全世界50以上の映画賞を受賞している。

Movie Walkerより)

[監督]

ジョシュア・オッペンハイマー

[出演]

アンワル・コンゴ
ヘルマン・コト
アディ・ズルカドリ

[公式サイト]

http://www.aok-movie.com/

[おすすめ度]

★★★★☆

[印象に残ったシーン]

・村の女子供を襲う撮影シーン。お芝居とはいえ、本気で怯えている子供たちの目が忘れられません。
・自分の拷問シーンを孫にみせるところ。どんな心境なのやらまったく理解できない…。ものすごく衝撃的でした…。
・終盤、嘔吐のシーン。ここに物語のすべてが集約されている。
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 11:30Comments(0)映画

2014年04月17日

アナと雪の女王

キレーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サントラ欲っしイイイイイイイイイイイイイイイ
胸キュンンンンンンンンンンンンンンンンンンン




姉妹愛っていいね…(萌)



ごめんなさい、語彙力皆無なもんで頭の悪い表現しかできませんが(いつものことですが)
とにかく 終 始 鳥 肌 状 態 でしたicon196流行って当然の内容でしたねicon67



どやァァァァァicon67これこそディズニー作品だァァァァァicon67



感が半端なかったです…ま、まいりました………(平伏)
ありったけの愛と夢を有難うございますicon06icon06icon06

字幕がよかったのですが、今回は吹き替えで観てきました。
若干しぶしぶ感があったのですが…



いやもう、ホントナメててごめんなさい、松たかこさん、さやかちゃん…



あれっ、お二人とも、ここまで歌唱力とアフレコ力ぶっとんでましたっけ…
icon60(すんごい上から目線な…)

もちろん吹替の部分もありましたが、それを差し引いてもすんんんばらしい…icon65
見事なハマリ役でしたね~

あと、最後まで気づかなかったのですが、オラフ役は icon99 ピエール瀧氏 icon99 だったのですねface08
もうめっちゃ可愛くていじらしくて…オリジナルの声優さんに声がそっくりだ…

監督/脚本が女性のためか、自立した女性像、強い女性像が他作品より強かったように感じました。
スピード婚 など、現代ならではの演出もちらほら…face16

icon102 王子様のキスを待つ、受け身体質のお姫様 icon102 は、
ディズニー界でももう古いってことなんでしょうかicon66
…というわけで、男性にも観て欲しいけど、
女性に特におすすめの作品ですicon14icon14icon14

観た後のスッキリ感がとんでもないのは言うまでもありませんicon59
上映中、心がどんどん浄化されていくのがわかるんですよ…
はあああ…すかっとした…

エンドロール後もプリチーなおまけがあるので、
icon88 最後まで離席NGです icon88 

字幕版も観に行きますicon16
っつーかヱヴァQの時みたいに、エンドレスで通ってしまいそーだ(危)

帰宅後、ソッコーでサントラをポチりましたicon06


[タイトル]

アナと雪の女王

[作品解説・紹介]

アンデルセン童話の「雪の女王」をモチーフに、触れるものを凍らせる力を持った姉エルサと、彼女を救おうとする妹アナとの愛を描いたファンタジーアニメ。
アナと旅をともにする雪だるまなど、ユニークなキャラクターが多数登場するほか、トニー賞受賞のロバート・ロペスが手掛けたミュージカル・ナンバーも聞きどころだ。

Movie Walkerより)

[監督]

クリス・バック 、 ジェニファー・リー

[出演]

アナ クリステン・ベル
エルサ イディナ・メンゼル
オラフ ジョシュ・ギャッド

[公式サイト]

http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/anayuki

[おすすめ度]

★★★★★

[印象に残ったシーン]

オープニング「ヴェリィ」という楽曲が使われていますが、もうこの時点で鳥肌。ライオンキング的な。
・エルサが山に逃げるシーン。う、うつくしすぎてもう…(倒)
・オラフの「アナのためなら溶けたって平気だよ」(※セリフうろ覚えですスミマセン…)なにこのイケメン。キュン死するやろうが…

*****

harumiさん にご一緒して頂いたのですが、
映画の後は博多駅のオサレレストランでオサレディナーicon28

アンデルセン ブレッド&カンパニー

http://www.jrhakatacity.com/gourmet/andersen/








icon06 素敵な映画 icon06 素敵なごはん icon06
ああなんてリア充な一日(幸)

お誕生日プレゼントも頂いてしまいました~



箱がすでに可愛いicon59
夫婦用でイニシャルカップです

なにこの罪作りな可愛さ…

色んな意味で夢うつつな一日でしたicon97
生きててよかった…

  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 11:30Comments(0)映画音楽グルメ野菜ソムリエ

2014年04月15日

腹ぱんぱん誕生日ディナー@ラ カーサ ディ ナオ


icon154 今週17日、またひとつ歳をとります…… icon154


歳をとるって言い方はなんかテンション下がるんで、
「歳を重ねる」って言っときましょうか…(どうでもいい)

そんなわけで、
先日、ちょっと早めのバースデーディナーに連れて行って貰いましたface05
お父さんいつも有難うっっっface05

お店は恒例の場所で…


ラ カーサ ディ ナオ
http://www.naosan.co.jp/index.html


今はもう閉店してしまいましたが、
挙式披露宴をさせて頂いた、
icon28 ラ・マニーナ博多 icon28 の関係店なのです。
店内に釜がある、オッサレ~なイタリアン
もう何度もお邪魔しておりますicon67

ディナーでコース料理を頂いたのは今回が初めてだと思うのですが、
とにかくものっすごいボリュームで、、、face08
最後らへんヒィヒィ言いながら頂きましたよ…(嬉しい悲鳴)


icon102 前菜が何皿も出てきました icon102





icon102 自家製パン icon102 エンドレスでおかわりしてしまいそうでした…



icon127 お魚 icon127 私はサーモンをチョイス



まだまだ出てきます…icon59



〆の肉料理のパンチ力よ…icon190



icon102 デザートは二皿 icon102



icon50 これ、クレープなんですよ~icon06
こんな食べ方初めてでしたよ(幸)



icon137 カプチーノは可愛らしいラテアート付 icon137





icon49 これ…これッッッicon59
特にお願いしたわけでもないのに、
にゃんこラテアートをして頂けましたicon06icon06icon06
さ、さすがです、、、
にゃんこ飼ってますオーラがどっかから出てたんでしょうか…

写真じゃわかりづらいかと思いますが、3D仕様だったんですよface08
ええ~ッッッ、どうやって作ったんですか…
icon102icon102

幸せも脂肪(←)もたっぷりチャージしてお店を後にしましたicon22
フヒー(*^。^*)ぜひまたお邪魔させて下さいface02
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 11:30Comments(0)グルメ

2014年04月09日

おうちさろんVeggeir&Veggelaにお邪魔してきました


もう何度もお世話になっている harumiさん のイベント
これまでは宗像のお宅や外部でのイベントに伺っていたのですが、
念願の鳥栖のご実家にお邪魔してきましたあああicon59

もうとにかくどこを見ても手が行き届いていて(お庭もお見事としか言いようがないicon67
おしゃれで、メルヘンで、広くて…icon102と、

住宅というより 完 全 に ペ ン シ ョ ン でした……
入館料払わせてください…

そりゃ~こんな環境で育てばセンスも磨かれるわな、
とharumiさんのセンスに納得。お母様ゆずりなのですねicon06
※宗像のお宅も超絶素敵ですよ~

うち、2DKのマンションでも毎日テンパりながら手入れしてるのに、
どんな生活送ってたらこんな家維持できんのやら……(主婦目線)


春野菜をはじめ、当日使われた食材に関して少しお勉強をしたのち、
お待ちかねのお食事タ~イムicon28icon102


フルーツ前菜

どうですこのかわいらしい盛り付け…



ウェルカムドリンク

ノンアルでしたが、ワインのようなジュースでしたface05


左から…
新じゃがりんご(これ、ポテトサラダなんですよ~icon06丸く結んであってラブリ~icon06
新玉ねぎとにんじんのサラダ ブロッコリーとスプラウトの胡麻和え



新玉ねぎと春キャベツのポタージュ

無敵の春野菜タッグキター(*^。^*)
シンプルな料理法だそうですが、とってもあまくて暖かいお味でした。春味face02



いわしと豆腐の茶巾蒸し

卵が使われていたので、茶巾蒸し兼茶碗蒸し。
中に icon12 ぎんなん icon12 が入っていてめっちゃ得した気分に(貧)
こういうサプライズがホントにツボです…
ぎんなん…ちっちゃい時は100%残してたのに、
今となっては一目散に食べるよ…


ホタテのアスパラ串

えええええicon60 そう来たかicon60 って感じでしたface08
アスパラって、こんな使い方もできるんですね。
立派な一本もので、甘くて、歯ごたえもよくて、みずみずしくて…
春野菜ばんざ~いicon06と感激しながらかぶりつきました。

はじめメニュー表をみたとき、てっきり焼き鳥的な…
串にホタテとアスパラをさしたものが出てくると思っていましたが…
さすがです…いつもいい意味で期待を裏切っていただけますicon59


桜海老とグリーンピースご飯

押し寿司みたいでしょうicon60まずこのビジュアルにびっくりicon48
写真じゃわかりづらいと思いますが、見事にicon48桜の花びらの色icon48なんですよ
うつくしい…
もちろん着色料ではなく、桜海老のみの色だそうですface08


お母様お手製のお漬物

きゅうりはビールで、その他は塩麹で漬けられたのだとか。
塩分なんて気にしてる場合じゃなく、
箸がとまらなくなり全部頂いちゃいましたよ…icon65


トマトのお吸い物

和系汁物にトマトicon60って感じですが、
これがまた見事なマッチングでございましたicon102


玄米甘酒プリン


ゴールドキウイのジャム(妹さん作だそうでface02)を添えてicon12
今回もオーサワの甘酒を使われたそうです。
私、甘酒苦手なんですけどここのだけは大好き…


マクロビトリュフとスーパーボール



icon88 これ、あったらあっただけ食べてしまいそうな禁断のスイーツです icon88

いくら体にやさしいとはいえ…アカン。
スーパーボウルはデーツかぼちゃの種がふんだんに使われていましたface05
自分じゃ買わない食材なので本当に嬉しい~


高級料亭でもお目にかかれるかどうか…icon60
ってレベルのお料理がどんどん出てきて昇天…
「こんな創作料理、初めて頂きました」の連続でしたicon67

調理師の免許をお持ちのお母様と、
テーブルコーデを習得されたharumiさんの最強コンボでサーブされる芸術品達icon12
料理自体は言うまでもありませんが、
食器、添え葉、添え花の使い方がネ申じゃないですか(奮)

しかもほぼマクロビメニューで、体にとっても優しい内容でしたface05
目でも舌でもおいしいという…なんという贅沢…
これでこの価格設定、、、ありえないんですけど(感涙)

忙しさにかまけて、手間のかかったicon172「ちゃんとした」ごはんicon172と縁遠い生活が続いていたので、
余計に体の奥底から沁みました…

今回は春メニューを頂きましたが、
icon67 夏、秋、冬、それぞれお邪魔したいっ icon67
harumiさん、お母様、先日はお世話になりました。
ぜひまたお誘いください~(土下座)


  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 11:30Comments(0)サービスグルメ野菜ソムリエ

2014年04月05日

母娘とごんたの長崎旅行(やすらぎ伊王島・軍艦島)

約40年ず~っと企業戦士として奮闘している母ですが、
そんな彼女も今年の秋で62face08ヒィいつのまにそんなに老けたん…(お前もな)
会社勤めはもうちょっと続けるようですが、
セカンドライフの事を真剣に考えはじめています。

退職後は愛犬 icon187 ごんた icon187 を連れてあちこちドライブ旅行をするのが夢~

とずっと言っているので、
(そのためだけにばかでかい車を買ってしまいましたとさicon16
手始めに icon12 長崎やすらぎ伊王島・軍艦島 icon12 まで遊びに行ってきましたあああface05






母は長崎の大学に通っていたので、思い出の地でもあるのです。

びっくりするほどの晴天、陽気に恵まれicon102
しょっぱなから充実しまくりの旅になりました。
これも母の頑張りのたまものでしょうicon59

犬連れなので、伊王島ではコテージを一棟借り切る形に。
これがまたメルヘンなコテージなんですよ。。。

 

 

ハイジ…ハイジだよ…と思いました(何)

施設一帯が完全にリゾート地化していて、最ッッッ高icon06icon06icon06
港町だし、黙ってれば海外に来たようですicon59




ちなみに当日のごんたの恰好はこんな感じ。

 


 

伊王島大橋という立派な橋がかかっており、
車でラクラク渡島できましたよicon17
公共交通機関を利用される方向けに、
送迎バスも頻繁に巡回していましたicon18


二日目は朝イチで軍艦島へicon67

いくつかクルーズ会社さんがあるようですが、
私たちは こちら にお世話になりました。

 
icon67 一人三千円 icon67 という額にはじめ 「ええ~icon196」 って感じだったのですが、

行って正解でした。大正解でした。

この日もおそろしいくらいいいお天気で、最高の観光日和icon01
軍艦島周辺は海流、大気が非常に不安定なため、
ここまで好条件になることはめったにないのだとか。

まずは高島へ。
こちらには軍艦島の立派な模型が設置してあり、
ガイドさんに島の歴史や説明をして頂きました。

当たり前なんですけど、ガイドさんがひっじょーにお話上手な方で、
「ぷ、プロや…」と心底尊敬してしまいましたよ。

お話を聞けば聞くほど島の哀しいイメージが強くなって、
炭鉱夫って、壮絶なお仕事なんだな…と改めて実感させられました。
三井三池をはじめ、福岡にも炭鉱地がたくさんありますが、
どこもいい話は聞かないもんなぁ…
社畜………(耳が痛い)




石炭資料館



岩崎弥太郎銅像


長崎って、本当に icon12 三菱ブランド icon12 の土地ですよね…


で、いよいよ軍艦島に上陸icon59
天気の力もあったと思うのですが、
島全体が神聖な雰囲気に包まれて凛としており、
「ら、ラピュタだ……」と思いました。

 

見学用の歩道が整備されており、
ガイドさんに従ってみてまわるスタイル。
見学できるのは島のごくごく一部なのですが、
それでも十分満喫できましたface02

 

今の建築技術だとどうすることもできないため、
下手に触ることもできず、ずっと放置+自然倒壊させるしかないのだそうです。

刻々と姿を変えるため、「今」見ている光景は「今」のみしか味わえない。

この一期一会感…icon67たまらん…
写真もいっぱいとりましたが、
「肉眼」で脳裡に焼き付けねば と目をひんむいてしっかりと観察してきました。



 



icon49 ガイドさんが特に熱く語られていた場所 icon49
ここから作業員さんたちが地中へ降りていきました。
(猛スピードだったそうで、降りるというより"落とされる"と言ったほうがいいのか…)

還ってこられなかった方もたくさんいらっしゃいました。

どんどん朽ちていく島ですが、
ここだけは、当時とほとんど姿を変えていないのだそうです。
みなさんの情念がしみついているのかなぁ。


icon67 進撃の巨人のロケが軍艦島で行われる予定 icon67 って記事がネットで出てましたが、
本当にそんなことできるのかなぁ。
これまでも007(映画)やB'zなど数々の撮影オファーがあったそうですが、
保全のために全部お断りしているんだそうです。


帰りはちょろっと寄り道しながら…

 


あと何回母とこんなおでかけができるかわかりませんが、
足腰頭がまともに動くうちに、たくさん思い出を作っておこうと思います。
次は阿蘇湯布院あたりかな~face01

  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 20:00Comments(0)ペット旅行