Posted by at

2011年10月31日

ランゴ

タダ券が当たったので行ってきましたicon22
icon06私の伴侶・ジョニデicon06(?)吹替&パイレーツの監督ということで、
結構ウキウキ気分で観てきたんですけど…



う~ん、、、微妙じゃね…(お好きな方ゴメンナサイ)



これ、金払ってたらゲンメツレベルでしたよface07

「エモーション・キャプチャー」という斬新な技術が使われている所はポイント高いんですけど、
基本的にあれこれ子供だましです。つまらん。
物語が進むにつれてスピリチュアル要素が増してくるのですが、
「この映画は子供だけじゃなくて、大人向けでもあるんだよicon67感がバリバリで…
なんというか…へたくそ…もうちょっとうまい演出があったのでは…icon66という感じ。

ホントは「親子揃って楽しめる映画ですicon12」なんて紹介ができたらよかったんですが、
そういうわけにはいかんのね。子供が観ても難しいと思う…。
ごめんなさい、私の好みにはハマりませんでしたface07

でもまぁ、声優陣が豪華だったんでおまけで星みっつ。

[タイトル]

ランゴ

[ジャンル]

アニメーション

[作品解説・紹介]

砂漠のハイウェイを移動中の車から振り落とされてしまったペットのカメレオン。
たどり着いた町の酒場で、自分を「ランゴ」と名乗り、TVで見たヒーローを真似して悪党を倒した武勇伝を語る。
ウソと偶然から、町の住人たちにヒーローに祭り上げられ、保安官に任命されてしまったランゴ。
そして任命早々、町の水が盗まれる事件が発生。
ランゴは自警団と共に水を探す任務に出かける事に。
しかし、その裏には大きな陰謀が隠されていた。

[監督]

ゴア・ヴァービンスキー

[キャスト]

ジョニー・デップ (Rango / Lars)
アイラ・フィッシャー (Beans)
アビゲイル・ブレスリン (Priscilla)
ビル・ナイ (Rattlesnake Jake)
アルフレッド・モリーナ (Roadkill)

(以上goo映画より引用)

[公式サイト]

http://www.rango.jp/

[おすすめ度]

★★★☆☆

[印象に残ったシーン]

・ランゴの一人芝居。ジョニーがんばってますicon06
・ふくろうバンドがキュート。アミ~ゴicon65
・ジェイクicon143がキモカッコイイ。

  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:31Comments(0)映画

2011年10月29日

ふんぞりかえり




モコナさん、それ、何のポーズですかicon66
猫は体がやわらかくていいなぁ…
(長年ジムに通っても全く改善しない人)
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 17:15Comments(0)ペット

2011年10月27日

胸がキュルルン




爪とぎタワーの上でおすましなモコナicon06
そんな目で見つめられたら、胸がキュルルンしちゃうぜ(古)

昨日は気分を変えようと大名のオサレサロンまでカットicon61に行ってきたのです。
初めて行ったお店でしたが、
ポンパレクーポンで 1 7 0 0 円 特殊トリートメント付きですよ。安ッッ。

そこで担当してくれたおにーさんが、
どー見てもどー考えてもオネエだったのですが、
結局、真相をつきとめられず終わりました(何)
自分の頭なんぞもう完全にどうでもよく、そっちばっかり気になってました。

めっっっちゃ可愛かった。

胸がキュルルンしちゃったぜ(震)
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:27Comments(0)ペット

2011年10月25日

ステキな金縛り

試写会にあたったので、一足お先に楽しんできましたicon59

も~… こ れ ぞ 三 谷 映 画 icon67 って感じ。お腹いっぱいですよ。
二時間半もある長い作品なのですが、退屈しませんでした。

知らない人が出てこないっつー豪華絢爛な出演陣。
大物俳優を超チョイ役で普通に起用。
他作品キャラのリンク。

小ネタ満載、クスリと笑えて、しっかり泣ける。

現実離れした内容ながら、シラけず素直に楽しめましたface01
これまでの三谷ワールドの中で一番好きかも。
舞台化してもよさそうですねぇ。。。

タイムリーなことに、
これまでになく父に支えて貰っていた時期に観たので、
エミエミパパのシーンは涙やら鼻水やらズルズル状態でした(怖)
元気なうちに、いっぱい親孝行してデートしておかなくては…icon67

老若男女問わず、カップルでもご家族でも、
もちろんおひとり様でも、安心して楽しめる、オールマイティな仕上がりface02
何観るか迷った時は、とりあえずコレいっきましょ。

[タイトル]

ステキな金縛り

[ジャンル]

コメディ

[作品解説・紹介]

失敗続きで後がない、将来性ゼロの三流弁護士・エミ。
ある殺人事件を担当するが、被告人は無実を主張、完璧なアリバイがあるという。
なんと事件当日、旅館の一室で金縛りに遭っていたのだ。
無実を証明出来るのは、一晩中彼の上にのし掛かっていた、落ち武者の幽霊だけ。
エミはその幽霊・六兵衛に会い、彼を証人として法廷に召喚させる。
しかし、この六兵衛、すべての人に姿が見えるとは限らなかった。
しかもエミの前には、一切の超常現象を信じない、敏腕カタブツ検事・小佐野が立ちはだかり……。

[監督]

三谷幸喜

[キャスト]

深津絵里 (エミ)
西田敏行 (更科六兵衛)
阿部寛 (事務所のボス)
竹内結子 (資産家の妻)
浅野忠信

(以上goo映画より引用)

[公式サイト]

http://www.sutekina-eiga.com/

[おすすめ度]

★★★★★

[印象に残ったシーン]

・法廷でタップ…icon67イカすぜ寛icon67っつーかもう上田にしか見えないicon67
・生瀬さん。っつーかもう矢部にしか見えない…icon67
・エンドロールの心霊写真。六兵衛さんを探せicon99

  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:25Comments(0)映画

2011年10月24日

酒浸りの日々


今回の嵐は特別大きなものでしたが、
ひとまず峠はこせました。
そんなわけで、また今までの生活に戻りま~す。

私だけではにっちもさっちもいかん状態だったので、
またまた、たくさんの方にお手伝いして頂けました。
皮肉にも、嵐が来るたびに家族の絆が強まってるんですよねぇ…
私は本当に恵まれた環境にうまれ、
素敵なところに嫁に行けたんだなぁ。しみじみ。

あ、来月予定していた台湾旅行はとりあえず中止icon67
でも、来月いかないだけで、いつか絶対に行ってみせます。
その分、近場でいろんなところに遊びに行くんだいっicon16
わざわざ海外に行かなくても、
日本にもいい感じな場所は腐るほどあるし。
とりあえず山口かな…フフフ。



icon49 最近お気に入りのノンアルカクテル
酒は好きだけど、めっぽう弱いっつー私のような者にもってこい。
要は「呑んだ雰囲気」になれればいいのよね。。。

娘も狙ってますが、いくらなんでもキミには呑めんばい。

※本家モコナは酒豪です。
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:24Comments(0)ペット

2011年10月18日

夫へ


だいじょうぶ、だいじょうぶ
休んで、休んで、とにかく休んで

運命のいたずらなのか
結婚してからというもの
私達の間には嵐ばかりで
「普通」の生活が送れないでいますね

私はこうしてまわりに話せば気がすむけど
あなたはぐっとひとりで耐え続けてきてくれた
さすが薩摩隼人、男です

でも、私はそれを分かち合えなかった、夫婦なのに
ご存知の通り、私は自分の事ばかり考えている愚かな女なのです

あなたが私のために死に物狂いでやってきてくれたから
その疲れが津波のようにやってきて
こころとからだのあちこちで暴発し
がんじがらめになっている
それがあなたを苦しめている「謎の病」の正体のようです

生活のことはひとまず気にしなくていい
今の仕事、すごく気に入っているみたいだけど
しんどいんだったら辞めてしまえ

本当に私の事を大事に思っているなら
とにかく生きてほしい
かなしいことを言わないでほしい

こころとからだをしっかり癒して
私のもとへ帰ってきて
私は逃げない
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:18Comments(0)病気

2011年10月13日

☆TRICK OR TREAT☆


キャナルのイーストビルがオープンしましたね~。
本館にはちょくちょく行っているのですが、
あまりの人出にウンザリしてまだ足を踏み入れられていない…
平日の昼間ならもうちょいマシかしら。。。

icon12 夜のキャナルが大好き(特に冬) icon12
季節柄、今かなりいい感じになってます~



ユルいかぼちゃマンがおる…



たくさんのランタンがお出迎えしてくれますicon01
おデートにどうぞicon22
  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:13Comments(0)雑記

2011年10月12日

ワイルド・スピード MEGA MAX

祝 ・ I M A X 初 体 験 icon67

レジで料金のバカ高さにひきましたけどicon196
その分楽しませて頂きましたっface16icon12
音響がマジハンパない。ウーハーがどんどこ響いてくるのなんのって。


このテのやつはもう見飽きた…icon108


そんな感じでずっとノーマークだったのですが、
意外と評判いいみたいだったので行ってきた作品ですicon16


なにこの爽快感
なにこの高揚感
お、おもろいやんけぇぇぇ…



とにかく、とにかく金がかかっとるいちいちド派手(※過剰すぎて笑えるレベルです)
基本、ドンパチものicon56カーアクションが大好きな私icon17
フツーにとりこまれちゃいましたよ、ナメててごめんね。
長い映画ですが、全然退屈せずにあっという間に終わりますicon22

ちなみに前シリーズほぼノータッチ
そんなわけで、あちこちにちりばめられてるっぽい伏線は理解できませんでしたが…
ストーリーはどうでもいいので(←)何の支障もありませんでしたよ。

体調も微妙で疲れていたので、
頭使わないでいいやつを観たかったのですが…我ながらいい選択だったわ。
観た後は腹の底からicon97スカッicon97とできちゃいましたface05

[タイトル]

ワイルド・スピード MEGA MAX

[ジャンル]

アクション

[作品解説・紹介]

前科者のドミニクと、彼を脱獄させた元捜査官ブライアン。
“お尋ね者”として追われる身となった彼らは、厳重に張り巡らされた捜査網といくつもの国境を越え、共に南米の地に降り立った。
ブラジルの裏社会に身を隠しながら、持ち前のドライビング・テクニックを生かし、超高級車の強奪など命がけのヤマをこなしていくドミニクとブライアン。
しかし彼らは、逃亡生活から抜け出し永遠の自由を得るために、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを奪うという、あまりにも無謀な最後の賭けに出る。
難攻不落の厳重なセキュリティを破り大金を盗みだすために、彼らは世界中に散らばる凄腕レーサーを招集。
強烈な個性と超絶ドライビング・テクニックが交わるドリーム・チームを結成し、常識を覆す手口の大金強奪ミッションに挑むが…。

[監督]

ジャスティン・リン

[キャスト]

ヴィン・ディーゼル (Dominic Toretto)
ポール・ウォーカー (Brian O'Conner)
ジョーダナ・ブリュースター (Mia Toretto)
ドウェイン・ジョンソン (Luke Hobbs)
タイリース・ギブソン (Roman Pearce)

(以上goo映画より引用)

[公式サイト]

http://mega-max.jp/

[おすすめ度]

★★★★★

[印象に残ったシーン]

・車icon67icon67icon67
・金庫の運び方(どストレートです)
・金庫の使い方(迷惑千万です)

  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:12Comments(0)映画

2011年10月09日

いくら可愛いからって何でも許されると思うなよ


で も 許 し て し ま う こ の 親 バ カ さ 。

あのぉ~何で私だけ毎日ベッド代わりにされるんでしょうか…(腹の上で寝る)
あのぉ~何で私だけ毎朝猫ぱんちで叩き起こされるんでしょうか…(今日に至っては深夜二時…)



そのせいかわからないんですが、最近体調がずっと安定しない…
常にフワフワしている…このまま死ぬんじゃないだろうか…

彼女なりの愛情表現と捉えるべきかしらっ。

ちなみにicon49は堂々とicon80に鎮座していらっしゃるお姫様を撮ったもの。

モコナさ~んicon60メールチェックできないんですけどォ~icon60
  

Posted by 米尾とぐ蔵 at 22:09Comments(4)ペット

2011年10月04日

ツレがうつになりまして。

[まえがき]

大学時代から細川先生の大ファンです。うちにはご夫婦の本がすべて揃っていますicon91
お二人のご本は、うつにとどまらず、自己啓発本、哲学本としてもとても秀逸
これまで何度救われたことか。

…と、以上を踏まえた上で読んで頂けると幸いですicon50



試 写 会 に 行 っ て き ま し た ァ ァ ァ icon59

しかも二回icon59しかも、うち一回は細川貂々ご夫婦の舞台挨拶つきicon59icon59icon59
極めつけは icon63 サ イ ン 会 icon63 にまで参加できたぜイェェェicon59


なっ、生でお二人とお話しちゃった、ちーと君も見ちゃった(震)


なんかもう一生分の運使い果たした気分ですが、最高の二日間でしたicon102

ちなみに、各ご本の感想をワードでしたためてサイン会に持って行こうかマジで悩んだのですが、
普通に怖がられそうなのでやめておきました。。。


映画に関しては、原作をちょっとアレンジしすぎている部分があるものの、
これはこれで非常~にいい仕上がりだったと思いますicon06
テーマはたいへん重いものの、原作同様、

icon12 ほっこり、ところどころ涙 icon12

といった感じで満喫できました。

一回は夫婦で観てきたのですが、結婚家族病気人生あれこれについて改めて考えさせられ、
いろいろ感慨深いものがありましたよ。

夫婦、これから夫婦になる予定の方に、特におすすめしまっすicon22

あとはもう、宮崎あおいちゃんが可愛い。ひたすら可愛い。なにこの人マジで人間icon66
あと、堺ツレがかなりハマっとるwww

ツレうつに関してはまた別枠であふれんばかりの想いを書き綴ろうかと思います(ウザい)

[タイトル]

ツレがうつになりまして。

[ジャンル]

ドラマ

[作品解説・紹介]

漫画家の晴子は、結婚5年目になる夫のツレと、のんびりとした日々を送っていた。
しかしある日、超ポジティブな性格だったツレが「死にたい」などと言い出す。
病院での診察結果は“うつ病”。
原因は仕事のストレスだと思った晴子は、ツレに会社を辞めさせる。
ちょっとした事で落ち込んだり、急に気分がよくなったり、コロコロと体調が変わるツレ。
そんなツレをゆっくり見守りながら、晴子はツレの様子をイラスト日記に綴っていた。

[監督]

佐々部清

[キャスト]

宮崎あおい (高崎晴子)
堺雅人 (高崎幹夫)
吹越満
津田寛治
犬塚弘

(以上goo映画より引用)

[公式サイト]

http://www.tsureutsu.jp/index.html

[おすすめ度]

★★★★★

[印象に残ったシーン]

「ごめんねごめんねごめんね」これは何度みてもグッとくる。
・背乗りあおいちゃん。マ ジ カ ワ ユ ス
カメフトン。くすりと笑えて、なおかつ泣けるという不思議なシーンです。

  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 10:04Comments(2)映画