スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年02月28日

現実逃避のハネムーン in イタリア☆ミラノ午後編☆



午後はヴェローナへ。



ここの街並みもいかにも「ヨーロッパicon12って感じ。
なんてことない路地でも超かわいーface16icon102オサレーicon102



石畳をひたすらてくてく。スニーカーを履いてきてよかった。



どこをどう撮っても画になるなぁぁ。。


ブラ広場に到着icon16

アレーナです。
昔は闘技場だったけど、今は野外オペラの会場として使われているのだとかicon58



icon63 ト リ ビ ア icon63
ライブなんかでもよく使われる「アリーナ」の語源。
「アレーナ」はもともと「血を吸わせるため闘技場にまいた砂」を意味していたのだとか。グロ。
石畳が多い理由のひとつにも「試合後、血肉の片付けがしやすい」ってのがあったそうです。ヒィー。



市庁舎

アレーナのすぐお隣。



もうどの建物もアートですね。
それなのに皆当たり前のようにそこにあるから、
何が凄いのかがわからんくなってくる…(麻痺)


お次は「ロミオとジュリエット」でおなじみ、ジュリエットの家icon108

 

頭上にはハートの風船がいっぱい。ちょうどバレンタインだったのです。
そのため、もんんんんんんんのすごい混んでました…(怖)
スリ…スリがこええface07
周り全員敵に見える…icon59


やっとたどり着けたジュリエット像。
「乳に触ると幸せになれる」(で合ってる?)とのことで、
世界中の観光客が押し合いへしあいしながら乳を触っていました。

 

「触れェェェェェicon59

「触れたァァァァァicon60




無事、ツレ&とぐ蔵夫妻もおさわり成功です。ほどよい大きさでした(?)

ツレの感想 「硬くて冷たかった…」

世界中の観光客から死に物狂いで乳を触られるジュリエット。
もはやロミオと結ばれる云々の話ではないと思いました。


なんだね、君はicon60カエサルのつもりicon60
なんかコワいからチップは入れないよ。




ランベルディの塔



こちらも外観を観ただけで塔には登りませんでした。
ここから見下ろすヴェローナの街は絶景だろうなぁ。


エルベ広場 ヴェローナのマドンナ



これは住宅?一階はほとんど路面店として使われていたようですが…
写真ではわかりにくいけど、あたり一面に壁画が描かれています。




スカラ家の廟

残念ながら工事中。
ええっ、あんな高い所にお墓がicon60



以前は本当にこちらに遺体の一部が納められていたそうです。



すぐ隣の柵(?)スカラ家の家紋だそうで。
めっっっちゃキレイ。めっっっちゃセレブ。




ロミオの家



現在はレストランとして使われているのかな。

ジュリエットの家の混雑ぶりはなんだったのicon60

ってくらい人っ子一人いなかったです(寂)
皆さん、乳触りには命がけで、こっちはどーでもいい模様。


いいかんじに日が落ちる中、川沿いを歩きました。



う~ん、気持ちいい。

 


ベネチアまでicon18移動し、次のホテルに到着icon59


B4 ベネチア メストレ



新しいホテルだそうで、めっっっちゃキレイでオサレでしたicon59
今回の旅行でダントツトップ。
デザイナーズマンションみたい…icon59



広い…icon102オサレ…icon102



水回りも問題なし。お湯もちゃんと出ました。
シャワールーム(画面左端)とバスタブが別なのが感動したface08



食事処も超~icon97スタイリッシュ。
福岡で言ったら、ちょっとランクを落としたWITH THE STYLEみたいな感じかな。
あそこまでリゾートリゾートしてません。

オオッ、、、これはディナーも期待できるんじゃねicon66

 




ミートソースのニョッキ

前菜でフツーにパスタが一盛り…これがイタリア流か。



昨日のやつに比べたら、味、盛り付け共に天地の差icon06
が、量が多すぎて途中で飽きてきます…


白身魚(画面上)と大量のマッシュポテト(画面下)



ホワイトソースがこっくり&クリーミーで、
こちらもとーっても美味しかったんですが、
あの、炭水化物系はもういいんですけど…


デザートのプリン



焼きプリンなのかな?おそらくお店の手作り。
文句なしですicon102
なんか、ほっとした…幸せ…


で、以上3品。


あの、、、、、、お願いですから、野菜と、フルーツを、食べさせて下さい………(禁断症状)


たまたま、ツアーの料理プランに含まれてないだけかもしれんが、
あんたたちには野菜とフルーツを食う習慣がないんかicon60
どこで繊維質やビタミンとってんのicon60

ビタミンは外部摂取しないと体内で生成されんのよicon60わかってんのかicon60icon08

野菜ソムリエとしてというか、ひとりの人間としてキレそうになりました。

ホテルの名誉のために言っておきますが、どのお料理もたいへん美味しいんです。
icon12オリーブオイルの風味たっぷりicon12これぞ本場イタリアの味。

でも、この組み合わせはないやろ……
各皿、量を減らしていいから、サラダをつけてほしかったです…
またもや「なんか…違う…」感に包まれたディナーでした…

イタリアはどこで何食べても食にハズレがないと思ってたのになぁぁあ…。
食文化って、やっぱ超大事ですね。。。

ちなみにこの後も

ガッツリ系炭水化物icon51ガッツリ系たんぱく質(付け合わせにガッツリ系炭水化物)icon51甘味

のオンパレードです(吐き気)こうご期待。


最後に。余談。
イタリアの車事情が超面白かった。
大通りから細い路地まで、
ありとあらゆる道路にもんんのすごく長いicon17縦列駐車icon17

※遺跡保護のため下手に区画整備できず、駐車場を造れないそうです。

で、ウケるのがその車間。

 

写真でわかりますか?

どいつもこいつも詰めすぎやからwww
マジで10~20センチくらいしかスキマがないwww

これ…どーやって出るんだ…と思っていた所、

「前後の車にぶつけてスキマを作ってから抜けるのよ」

とガイドさんに教えて頂きました。


イタリア、マジ、パネェェェェicon59icon59icon59


そのためか、傷だらけの車の多いこと…
フィアット(大好きicon102)もアルファロメオ(かっこええicon102)もボッコボコ
おまけに、こちらには洗車という文化がないのか、どの車もクソ汚い。
ああ、、、、せっかくの高級車が、、、

ちなみにイタリア人はイタリア車をあまり好まないそうです…なんか意外…
日産マーチを特によく見かけたなぁ。

私だったらもっと大事に乗る。だからフィアット500一台下さい(何)
あの間の抜けた顔がたまらなく好きだ。


そんなこんなでミラノ観光終了~。
ベネチア編に続きまっす。

  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 08:57Comments(3)旅行

2010年02月25日

現実逃避のハネムーン in イタリア☆ミラノ午前編☆


前日夜、ミラノに到着icon20
めっっちゃ疲れているはずなのに、時差ボケ&興奮のためかほとんど眠れませんでしたァァ…icon196
そんなこんなでいつのまにか朝に。

ああ…なんていい天気…icon06すがすがしい旅の始まりだわ…icon12と窓を開けてみると、



そこには、鳥の死骸が、ありました(実話)



私たちの記念すべきハネムーン初日は、そんな所から始まりました(何)

野菜・果物が一切ないface07ビミョーな朝食バイキングでさらにテンション降下…。

白パン、クロワッサン、シリアル、卵、ハム、ソーセージ、チーズ、ヨーグルト etc

オオウ、ガイジンメニュゥ…icon59

それはそれでいいんだけど、
朝はもうちょっとお腹に優しいものを摂りたいのよ…(弱)

そんなわけで「なんか…違う…」感につつまれながらホテルをあとに。


スターホテル ツーリスト



比較的新しいホテルだそうで、広くて綺麗でしたface16
心配していたお湯もちゃんと出たっicon22








まずはゴシック建築の最高傑作、ドゥオーモicon59
※「ドゥオーモ」とはイタリア語で「大聖堂」の意

道中、スカラ座広場ピンクのかたつむりが…icon59



これぞゴシック、これぞヨーロッパ…icon12




スカラ座



こんな所で観るオペラは最高だと思う(そんな教養ないけど)




ビットリオ・エマヌエーレ2世アーケード





もうひたすらひたすらひたすら感激icon59天井高ッッッicon59装飾すごッッッicon59
イタリア滞在中常に感じていましたが、

よくこんなん造ったな…

この一言に尽きます。。。

 

こんな所にあるとマック(画面左下)が高級ブティックのように見えるw
は、はっぴーせっとください…




「幸せになる雄牛のモザイク画」

股間に踵を乗せてくるくる回ると幸せになるそうで、
見事に穴があいてました…



皆やりすぎ…wwwなんか…カワイソウだった…(哀愁)


アーケードを抜けると…

出たァァァァァface08ドゥオーモォォォォォicon59



写真では当社比がわかりにくいんですが、
とにかくでかくて、とにかく荘厳で、とにかく息をのみました。
装飾もめっっっちゃ細かい。ほんとよくこんなん造ったな…

一番高い尖塔にはマリア様が。



内部はこんなかんじ。
これまた凝りに凝ったステンドグラスicon97
カトリックはみてくれが綺麗だからうらやましい(出身校がずっとプロテスタントだった人)



キリスト像。これ…写真とってダイジョブだったのかな…






トイレついでにアーケード内のicon12セレブカフェicon12で飲んだホットチョコicon137



当日クソ寒かったので、あたたまりました…face16


閑 話 休 題
ヨーロッパってホントにトイレに悩まされるんだなぁ、と改めて実感face07
公衆トイレの数が少ないし、あっても有料の所がほとんどだし、
有料のくせに悲鳴をあげたくなるような所ばっか。
便座がない所もありましたよ。どうしろと。
そんなわけで比較的マシな飲食店のトイレ大活躍。
トイレのためにカフェ入って飲むってなんか矛盾してるーと思いながら…w



ドゥオーモ広場








お次はスフォルツェスコ城icon16







こちらは外観を観ただけでした。でも満足~face16icon12
ヨーロッパのお城だicon59


食事つきのツアーだったので、
初ランチに連れて行かれました。
嗚呼本場のイタリア料理…icon102と超期待していた所…


チーズリゾット



確かに美味しいんですけど、量が無駄に多い…
あと、具なしっすか…icon66


どこに行っても絶対に出された白パン
無料で食べ放題なのはいいが、 バ リ 硬 でほとんど食べられずwww




ミラノ風カツレツ



半端なくでけェェェicon59でも野菜すくねェェェicon59
あと、盛り付けって概念ないのかな…icon66
う~ん、美味しいんですけど、なんか違う…icon15
なんかこう、もうちょっと、オッサレーicon06な感じを期待してたんだけど…

まぁ…ある意味これが、正真正銘の本場料理なのかもしれんが…。
付け合わせにサラダとかスープが欲しかったよ。

ラ・マニーナの方がいい…」本末転倒だよ…。

このセリフ、この後もツレと連発することにw
ツアーでついてきた食事がほぼ「美味しいことは美味しいんやけど…なんか…違う…」だったのです。
ツアー旅行って皆こんな感じなのicon60
自分達で食べに行った所はどこもアタリだったのですが、失敗したicon59

そんなこんなでミラノ午後編に続きまっす。
  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 12:30Comments(2)旅行

2010年02月21日

現実逃避のハネムーン in イタリア☆前書き☆

無事生きて帰ってきましたァ~icon59
ただいま日本icon59完全に忘れてたけど、オリンピックで奮闘中みたいですね。

添乗員付団体ツアーの海外旅行はこれがお初。
死ぬほど充実してて楽しかったけど、死ぬほど疲れました。
復路、参加者全員死んだ魚のような顔に…icon88
やっぱり我が家が一番icon06(じゃあ行くな)

でもマジでまた行きたいよイタリア。行くっていったら行くんです。


総括すると…

ひたすら歩いて
ひたすら食って
ひたすら写真を撮った


そんな旅。とにかく忙しい。
細かく数えてないけど、撮影総枚数は600枚をかる~く超えてました。

思い出とお土産をスーツケースいっぱいに、
2キ強の脂肪をお腹いっぱいに詰めて帰ってまいりました(後者いらねぇ…)

備忘録もかねて、旅行記を書きま~すicon100
今後イタリアに行く方やイタリアに興味のある方に、何かしらプラスになれば幸い。


とりあえず、今回お世話になった飛行機のご紹介 

icon20 アリタリア イタリア航空 icon20



航空会社の世界ランキングではあまり成績よくないみたいですが、
私は全然アリでしたよ~icon22
関空からの直行便で便利だったし、フライトも安定してたし、機内サービスや機内食もなかなか。

フライトアテンダントに誰ひとり美形がいなかった(失敬)のがキレそうでしたが。


機内食&おやつの一部

 

(左)しょっちゅう出されたお菓子。メジャーicon60プリッツみたいな感じ。
(右)和食ディナー。うなぎのかば焼き。イタリアディナーではラザニアが出されました。コテコテな味やったけどうまーface16

 

(左)こっ、こんびにおにぎり…(なぜこんな所でも食べないかんのか)
(右)朝食。フォカッチャだ~icon12


あ、超期待してた映画はちょっと肩すかしをくらった感じ。
icon12新作icon12と呼べるものがなかった…

日本未公開のものも見られたから得したけど。


パブリック・エネミーズ

くそつまらんかった…icon101
ジョニーがひたすらかっこよかったのが唯一の救いicon06

サブウェイ123 激突

理不尽極まりない内容なんですがw(デンゼルワシントンかわいそう…)
テンポがよくて楽しかったicon06

Imagine That
Post Grad

どちらも日本未公開。けどめっちゃ良かったicon01お気に入りの作品になりました。
どちらもハートウォーミングファミリーコメディです。
日本でも十分ヒットする内容だと思うんだけどなぁ。


…と、ひとまずこんな感じで、旅行記、はじまります。
  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 23:25Comments(2)旅行

2010年02月11日

プラチナウィーク 現実逃避週間

明日から、私のゴールデンウィークもといicon12プラチナウィークicon12が開催されます。


明日夜:B'zライブ@ドーム

奇跡的にフツーにチケット取れてしまった…icon67
ああもうこれはB'zから私への結婚祝いねicon102って事で。
友達をわざわざ鹿児島から呼び出して、ふたりで参戦。

icon06稲葉さんの筋肉icon06icon06松本さんのギターicon06に頭ヤられてきまっすicon102

オープニングはせ~のでダァァァァイヴicon59icon59を希望。
しかし古い曲も聴きたいのです。
どうかオイシイ席にあたりますよ~にicon16


明後日早朝:7泊8日イタリア旅行へ(今更やけどハネム~ンicon20

ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ベニスを周遊します。
ひたすら歩いて、ひたすら食って、ひたすらキレイなものを観てきます。

そんなわけでず~っと気分がフワフワとしている…icon108
マジでクソ忙しいicon08のに、仕事に集中できない…(いつものことですけど)
ただでさえクソ忙しいicon08のに、来月末退職を前提にしてるから引き継ぎ業務が…icon196

正直もうどうでもいい会社なんですけど、5年間お世話になったし、好きな所もたくさんあるし、
発つ鳥跡をにごさずを胸に、そこんとこはちゃんとやるぞう。

まぁ…それはひとまず隅に置いといて、
現 実 逃 避 し て き ま ~ っ す icon23




ごめんね、あんたは連れていけんのよ…  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 20:00Comments(3)雑記

2010年02月09日

インビクタス/負けざる者たち

ポイント使ってタダ観してきたのですが、
これはicon12通常料金で入っても全然惜しくない作品icon12でしたicon67

たかがラグビー。されどラグビー。
スポーツを通して、人種差別や政治,社会が少しずつプラスに向いて行く様が、
いやらしくならない程度に描かれていました。
どこまでがノンフィクションなのかわかりませんが、美談ですねぇぇicon41

マ ン デ ラ 大 統 領 超 尊 敬 。


2時間半icon67の大作だけど、とにかくストーリー&白熱の試合風景に引き込まれるので、疲れゼロ。
終盤らへん手に汗かいてましたよicon10

チェンジリング」「グラン・トリノでも思ったけど、

イーストウッド、ホントにうまいなぁぁぁicon10

俳優としてのキャリアも一流だし、監督の腕も申し分なし。
どんだけ才能あるんですかこの人。。。

[タイトル]

インビクタス/負けざる者たち

[ジャンル]

ドラマ

[作品解説・紹介]

1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、
新生国家の船出には多くの問題があった。
ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。
南アではラグビーは白人が愛好するスポーツで、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴。
しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、
それが人種間の和解につながるかもしれない…と。

[監督]

クリント・イーストウッド

[キャスト]

モーガン・フリーマン
マット・デイモン
トニー・キゴロギ
パトリック・モフォケン
マット・スターン

(以上goo映画より引用)

[公式サイト]

http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/

[おすすめ度]

★★★★★

[感想]

ラグビーなんて微塵も興味ない上マット・デイモンが苦手なのでどうかなぁ~icon108と思ってましたが、

そんなのマジ無問題。まいった。

美談なのですが、クサくない程度の演出が絶妙icon22
シラけることなく素直に感動できる作品でした。

モーガン・フリーマンは言うまでもなくハマりすぎ。
この人、超大作~B級、神様からマフィアまで、
どんなジャンルのどんな役やらせてもばっちりこなすからさすがやなぁ、って感じです。
すごいじいちゃんだよ~icon06

モーガン×投獄というと「ショーシャンク」が思い出されて、
よけいに胸に来るものがありました。

ああーいい映画観たicon59
気持ちよかったicon59


[印象に残ったシーン]

・試合のシーン。目が離せませんでした。
・飛行機のシーンicon20マジ鳥肌がたった。かっこいい……
・終盤、警官と黒人少年の掛け合い。ここにこの作品の全てが集結されてる気がする。

  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 20:00Comments(4)映画

2010年02月07日

冬のおすすめ料理@亮んとこ


亮んとこ冬のおすすめ料理が始まっていますicon59
やっと食べに行けましたァァァicon28


和牛しゃぶしゃぶ肉と旬の野菜のタジン鍋 蒸しサラダ



話題のタジン鍋。売り切れ店続出だそうですね。
素材の水分のみで蒸し、しかもその蒸気が逃げないしくみになっているので、
栄養素を逃がさず、味が凝縮されますicon12
見た目もかわいいface16

開けると…



こんな感じ。
博多蕾菜もちゃんと敷いてありましたよicon22
亮んとこで初めてこのお野菜と出会ったのですが、
もう、、、icon102大ファンicon102です。もっとメジャーにならんかなぁ。


ワタリガニとほうれん草のあんかけ焼き飯



焼き飯というよりリゾットicon79
ハフハフ言いながらいただきました。


牛タタキとカブと旬の野菜のかぼすドレッシングがけ



かぶ大好きicon59
コリコリとした食感がたまらんのです。


カキと旬の野菜のイタリアンタジン鍋 リゾット風



こちらもタジン鍋で。
具を食べ終わると、残ったスープでシメて貰えるんですicon59
チーズリゾットにしてもらいましたicon01


翔平の亮んとこオリジナル手作りデザート



シメはやっぱりこれicon59
相変わらず大好評。
ロイヤルミルクティーパンナコッタが神の味がした…


今回も大満喫させて頂きましたicon59ごちそうさまでしたicon59
春の新メニューはまだかなぁface16(早)
  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 09:23Comments(2)野菜ソムリエ

2010年02月04日

かいじゅうたちのいるところ

icon06主人公の男の子が超カワイイicon06

それだけです。

他にコメントのしようがありません 超 シ ュ ー ル な映画…icon196
とてもとても中途半端なファンタジーでした。
原作は全然違う内容だそうですね。そっちは面白いのかなicon66

いろいろとコワかったです…ほんとにコワい…
「パラノーマル・アクティビティ」が話題になってるようですが、
見方によっては、それを上回るコワさかとwww
これ、子供が見たら妙なトラウマが残ると思うんだけど…

これも前売りを買って行ったのですが、勿体ない事したなぁ~icon15

[タイトル]

かいじゅうたちのいるところ

[ジャンル]

SF/ファンタジー

[作品解説・紹介]

空想が大好きな8歳の少年マックスは、母と姉との3人暮らし。
しかし、近頃母も姉も自分をあまり構ってくれず、それに怒ったマックスは母とケンカし家出。
浜辺にあった船に乗って海に出てしまった。
そうしてたどり着いたのは、見たこともないかいじゅうたちが棲む島。
マックスはかいじゅうたちの中へと入っていくが、彼らはマックスを食べようとする。
そこでマックスは「僕は王様だ!」と空想の物語を語りはじめ…。

[監督]

スパイク・ジョーンズ

[キャスト]

マックス・レコーズ
キャサリン・キーナー
マーク・ラファロ

(以上goo映画より引用)

[公式サイト]

http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/

[おすすめ度]

★☆☆☆☆

[感想]

これ…結局何の映画…icon60(パルナサスでも同じ事書いたな…)

主題がよくわかりません…
癇癪持ちの男の子&かいじゅう(icon52ところであんたたちどこに住んでんのicon66)が暴れまくる話…icon66

かいじゅう達がじゃれあったり遊んだりするシーンがありまして、
ファンシーにまとめようとしている努力はわかるのですが、、、
いちいち 超 暴 力 的 で震えが来ました。おどろおどろしいわicon59icon196

怪力で森を破壊したり、
友達のふくろう(※飛行中)に岩を投げつけて落としたり、
友達の鳥の腕をもいだり、



もう、、、こ え ー よ w w w 


反戦家族愛のメッセージも込めたいんでしょうけど、
それどころじゃない……
気味が悪くてそれどころじゃない…(ブルブル)

あと、海を渡るシーンとか、
ツッコんでいいのかスルーすべきなのか微妙な点も満載でしたよ。ああ~face07

「パルナサス」に続き2本連続でハズレだったのでテンション下がり気味です。
次こそは「お金を払ってもいい」映画に行かねば…

今週の狙い目はゴールデンスランバー,インビクタス,食堂かたつむりface02

[印象に残ったシーン]

・マックスの美しいお顔
・ふくろうへの虐待…(友達なんじゃ…)
・腕がもげた鳥…


  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 20:00Comments(0)映画

2010年02月03日

harumiさんのVFIBC Vol.12

またまたharumiさんのイベントに参加してきましたicon01

http://vegefru-innerbeautyclub.blog.ocn.ne.jp/harumiblog/2010/02/vfibcvol12_6246.html

なーんかもー毎回超楽しいicon67んですよね…(ニヤニヤ)
よほどの理由がない限り絶対参加するようにしています。


今回のお店は「もやい」さん。

http://ggyao.usen.com/0005010388/

またまた隠れた名店…icon102掘りごたつ座敷でまったりicon102


参加者の皆さん、icon12向上心のあるキラキラした女性icon12(でも気さくな方ばっかり)しかいないんで(そこに何故私が混ざっているのが疑問)
あの空間にいるだけでなんか自分も磨かれた気分になりますicon99

やっべーまた女度上がったんじゃね?私(錯覚)


セミナーといっても勉強会のような堅苦しいものではありません。
あくまで「ランチイベント」icon28
毎回違ったお店でヘルシー料理に舌鼓をうちながらガールズトークに華を咲かせるというのが主体のようです。
初回からずっとお邪魔しているので、顔見知りも増えて楽しさ倍増でしたicon01

あ、もちろん旬の野菜&フルーツ,美容の勉強もちゃんとしてきましたよ~。


今回のメインテーマは「冷え」icon04

冷えは代謝や免疫力の低下を引き起こし、万病のもとといわれています。

そんな冷えに対抗するため、身体をあたためる食べ物を摂りましょう~という内容でした。

人を植物にたとえると、腰から下は「根」にあたる
そのため下半身の弱りには「根菜類」が効く


というお話が印象的でした
根菜類…ゴボウ、ニンジン、レンコン、ヤマイモ、ネギ、タマネギなど

それと、当日の資料からの引用ですicon50
漢方では次のようにいわれているそうです。
マクロビでもほぼ同じ分類がされてますよね~。


身体を温める食べ物:外見が赤・黒・橙色,硬い食べ物

チーズ
そば・玄米
赤ワイン
紅茶
黒砂糖
根菜,海藻
北方産フルーツ
味噌,醤油
赤みの肉
漬物

身体を冷やす食べ物:外見が青・白・緑色,ふわっとした食べ物

牛乳
うどん・白米
白ワイン
緑茶
白砂糖
洋菓子
葉野菜
南方産フルーツ
白身の肉



意識してうまく摂り入れていきたいです。
今でこそしないけど、我が家ではずーっと白砂糖たっぷりの洋菓子icon154×牛乳がおやつの定番だったので、
いかにダメダメだったかが身にしみました…。


で、お待ちかねの特別ランチメニューicon28

揚げ立てゴボウと水菜のシーザーサラダ&温泉玉子



リンゴのもろこし焼き 


 

一番のお気に入りでしたicon102

これすごくない?すごくない??

中にはシーフードグラタンが入ってて、

「りんご×シーフード…icon60

って感じですが、これが意外とめちゃくちゃ合うicon59
フタも皮もまるごと頂きました。う~ん一物全体。

霜降り白菜とミンチの博多蒸し わさびあん掛け



大根の海老はさみ揚げ

 

さといもの土鍋炊き込みご飯&お手製漬物&のっぺり汁



 

ばんぺいゆのゼリー





どれも上品な味でトロトロicon06
なんか…ほっとしました…face16


今回は特別~icon59
参加者のひとり、エステサロン「ひだまり」さんによる耳つぼセミナーもありました。

http://ameblo.jp/hidamarininnki/

自分でちょっとやってみたら「血流」のツボが激イタでした…やはり冷え性だからか…
ちなみに「ストレス」のツボは全く痛くありませんでした。…エッicon66
嬉しいんだか嬉しくないんだか…


お土産はガーデンサロンの「ヨウカン・ドルチェ」

http://www.garden-salon.com/



写真ではわかりませんが、薔薇の形をしています。
ぱっと見、薔薇の蝋燭みたいicon59
羊羹の常識が変わった、って感じです。
いつも私が全然知らない(&遠く及ばない)お店を紹介して頂けるので感謝感謝。。。


次回は4月を予定されているそうです~icon06楽しみicon06
毎回最高のおもてなしを有難うございま~すface02


harumiさん、このランチイベントとは別に、外部でも定期講師を始められるそうですicon59
ますます活躍の幅を広げられていますicon59スゴーイ…
野菜&フルーツをよりおいしく食べる方法や、栄養の摂り方を学びます。

「ベジフルインナービューティーを目指そう」 3/20スタート(毎月1回)

詳しくはこちらまで…

http://www.oeuvre.jp/  


Posted by 米尾とぐ蔵 at 23:01Comments(3)野菜ソムリエ